専門家が作る子ども向け無料プリント やんちゃワーク

全部でいくつ?

全部でいくつ?
これは、たし算の基礎となる力を育ててくれるプリントです。
問題文を読んだだけで計算ができるお子さんには、線に沿って紙を折り、問題を提示してあげましょう。絵を見て、数えながら解いた方がやりやすいお子さんには、紙をそのまま渡してください。
単位をあらかじめ書いておきましたので、物によって単位が異なることの学習も一緒にできるかと思います。
イラストは、日常や絵本で出てきやすいものや、お子さんの興味を引きやすいものを中心に選びました。
1+1から、答えが2桁になるものまで揃えてありますので、お子さんの発達段階に合わせて使っていただけたら嬉しいです♪








































































【保護者の方へ】
このプリントは主に「数概念」の力を育てるプリンですが、一口に「数概念」と言っても、細かな発達段階(ステップ)があります。
まずは、数が言えるようになり、物の数を数えることができるようになり、言われた数だけ物を動かせるようになり、数をまとめて捉えること(全部で○個)ができるようになり…などと、段階が分かれています。

そのため、このプリントが難しそうなお子さんには、まずは「数を数えよう」というプリントの学習から進めていくことをお勧めします。
このプリントができるようになったら、次は「たし算」や「数を分けよう」のプリントに進みましょう♪

【専門職の方へ】
指導で使いやすいように、折り線をつけてあります。お子さんの発達に合わせてお使いください。
計算式も併せて学習できるように、式が書ける余白も用意しました。イラスト部分にあえて「+」を入れてありますので、それを見ながら計算式を書いて学習していけると良いかと思います。
またカタカナ表記を使用していますので、カタカナを読むことが難しいお子さんには、あらかじめルビを振っておくことをお勧めします♪

タイトルとURLをコピーしました