専門家が作る子ども向け無料プリント やんちゃワーク

注意・集中

注意力は、一般的に「集中力」と言われたりします。
しかし「注意」と言っても、いくつかの種類があるのです。

〈注意の種類〉
①注意の持続…1つのことに注意を向け続ける力。
       (例:1つの遊びや学習に長く取り組む)

②注意の選択…たくさんのことから、”今必要なこと”を選ぶ力。
       (例:ざわざわした場所で、親御さんの声だけを聞き取る)

③注意の配分…いくつかのことに同時に注意を配る力。
       (例:電話をしながら信号を気にする)

④注意の転換…1つのことに注意を向けている時に、他のことにも気づいて行動する力。
       (例:遊びに熱中していたが、トイレに行きたくなってトイレに行く)

この力に苦手さがあると、例えば以下のようなことに困ることがあります。

・ミスが多い。
・大切なことを聞き逃してしまう。
・じっとしているのが苦手。
・学習が身につきにくい。
・複数のことを同時にすることが苦手。
・忘れ物が多い。

このように、勉強だけではなく生活の中でも困ることが多くあります。

またこの力が苦手なお子さんは、周りから注意や指摘を受けることが多くあります。
この場合、わざとやっていることではないため、怒られたという経験ばかりが積み重なり、「自分はだめだ」と自尊心が下がってしまうことも珍しくありません。

単に、「集中力がない」「飽きっぽい」「努力が足りない」と捉えるのではなく、「注意力の何が苦手なのか?」「どんな環境なら注意力を発揮しやすいのか?」という視点で関わりを考えてみましょう。

また、注意・集中はトレーニングや遊びの中で十分に育てていくことができます。
やんちゃワークでは、注意・集中を伸ばすプリントを多く掲載しています。

こちらのプリントを使って、楽しく注意・集中を伸ばしていきましょう♪
※ページの最後に、遊びの中で注意・集中の力を育ててくれる玩具を紹介しています。
専門家が作る子ども向け無料プリント『やんちゃワーク』
タイトルとURLをコピーしました