専門家が作る子ども向け無料プリント やんちゃワーク

数概念

この力は、数に関する知識についての力です。
数概念にも様々な力があり、発達の順序があります。ここでは、数概念に関する力をいくつかご紹介します。

<数唱>
数を唱える力のことです。お風呂の中で、「いーち、にー、さーん・・・」と数えるご家庭も多いかと思いますが、これが数唱です。
数概念の土台となる力ですので、数を唱える機会は、生活の中でたくさん設けていきましょう。
ただし、数唱ができるからといって、「数が分かっている」というわけではありません。これは、どちらかと言うと歌に近いためです。歌は、意味が分からなくても歌えたりしますよね。「音を記憶している状態」なのです。
実際に数が分かっているかどうかは、次の「計数」ができるかどうかがポイントになります。

<計数>
実際に物を数える力のことです。「1対1対応」という言葉が使われたりもしますが、物を指さしながら1つずつ数えることができるかどうか、これが計数です。
「5までならできる」「10までならできる」ということは、お子さんの発達段階によります。
生活の中でも伸ばしていける力ですので、お菓子を配ったりおままごとで遊んだりしている時に、「一緒に数えようか」と声を掛けてみましょう。

<概括>
これは、数をまとまりとして考える力のことです。計数ができるようになっても、「全部で何個?」という質問には答えられないお子さんがいます。これは、この概括の力が十分に育っていないために起こります。
この力が育ってくると、足し算にもつながっていきます。

<数の保存>
例えば、積み木を10個くっつけて並べたものと、積み木を9個、間隔を空けて並べたものを子どもに見せた場合、「多いのはどっち?」と聞いても、9個の方を選ぶお子さんがいます。また、左から数を数えた後に、「右から数えたらいくつになる?」と質問をした場合に、「わからない」と回答したり、異なる数字を答えたりするお子さんもいらっしゃいます。これらは、「数は形が変化しても変わらない」という、数の保存の概念が獲得されていないために起こる回答です。見かけだけで物事を判断するのではなく、論理的に考えることができるようになると、この力が獲得できると言われています。

このように、数概念にはこの他にもたくさんの力があり、それぞれに発達段階や発達の順序があります。
やんちゃワークでは、それぞれの段階に応じたプリントを掲載しています。今のお子さんの発達段階を確認したり、次の力を楽しく獲得するためのツールとしてもご使用ください♪

こちらのプリントを使って、数概念を学んでいきましょう♪
※ページの最後に、遊びの中で数概念を育ててくれる玩具を紹介しています♪
専門家が作る子ども向け無料プリント『やんちゃワーク』
タイトルとURLをコピーしました