専門家が作る子ども向け無料プリント やんちゃワーク

福笑い

問題解決力
これは、福笑いのプリントです。
「おかめ」「ひょっとこ」「男の子」「女の子」の4種類を用意しました。
ここでは、1人で遊ぶ方法と2人で遊ぶ方法の2種類をご紹介します。

〈1人で遊ぶ〉
目隠しをして、手で探りながら顔を完成させていきます。
目から入る情報を遮断して取り組んでもらうことで、パーツを触って「これは丸いから目かな…」「鼻をここい置いたから、目はここかな」と考えるなど、想像力や思考力を働かせることをうながします。

〈2人で遊ぶ〉
1人が目隠しをし、もう1人が指示を出します。
スイカ割りと同じように、指示を出す人が、「もっと上、少し右」などと言葉で説明することで、相手に伝える力を育てていきます。
目隠しをしている人も、言われた情報を頭で整理して取り組む必要があるため、言葉の理解力を育てることにつながります。

出来上がった顔を見て一緒に笑い合うなどしながら、楽しく取り組んでいただけると嬉しいです♪













【保護者の方へ】
顔のパーツが小さめですので、大人が事前に切っておくと良いかと思います。
余裕のある方は、パーツをラミネートし、磁石を貼っておくことをお勧めします。そうすることで、小さいホワイトボードの上に顔とパーツを置くことができるため、一度置いたパーツが動くきにくくなり、とても取り組みやすいのです。手先の不器用さがあるお子さんには、特にお勧めの方法です。

最初に大人がやって見せ、わざと面白い顔になるように配置してみましょう。
それを見てお子さんと顔を合わせて笑い合うことで、このプリントの面白さを伝えることができます。
「目はここでしょ!」「鼻が反対になってるよ!」などという言葉がお子さんから出たら、素晴らしいですね。ボディイメージの育ちにもつながります。
人の顔を描くことが苦手なお子さんにも、お勧めのプリントです♪

【専門職の方へ】
このプリントの取り組みに慣れたら、お子さんと一緒に福笑いを作るのも面白いかと思います。
動物やお子さんの好きなキャラクターの顔を題材にしても面白いですね。
ゲラゲラと笑い合いながら取り組んでいただきたいプリントです♪

タイトルとURLをコピーしました